ブログ

危機的時代だからこそ明確な「ビジョン」を描け…♪

【ビジョンアート®コンサルティングの現場~】

全世界が、コロナウィルス感染症のために危機的な状況に陥っています。
それを打破する方法は何でしょうか?
国のビジョンを明らかにすることです。

目先の経済対策や、その場しのぎの言動ではなく…
真の国のあり方を明確化するときではありませんか?!
このコロナウィルスが終息したとき「どんな国・社会になっていたいのか?!」が、
可視化できていない為に、国民は利己的な行動に走り、
政治はブレブレで後手後手のメッセージしか発信できないことになっているのだと考えます。

未来が描けない今こそ、国を動かすリーダには……
コロナウィルス感染症終息後の国のありたい未来図(ビジョン)を明確にし、
国民に共有・共感・賛同してもらうことが、最も求められているのではないでしょうか!
安心した社会を取り戻すために、やるべきことなのではないかと考えます。

 

★【経営】も全く同じだと考えます!
企業のリーダである経営者が、
「今」明確な未来図(ビジョン)を形にできていないことは、ありえないことです!!

社会が混沌としている今であるからこそ…
経営者の鮮明な世界観(実現したい世界)が、明確になっていることが重要なのです。
そして、明確化された想いを言語化し、社員と共感・共有することも絶対的に必要です。

資金面や雇用、組織運営は急務だと考えますが、
それと同等いやそれ以上に自社の未来図(ビジョン)の明確化を、お座なりにしてはいけません!

感染症との戦いは、長期戦になると言われています。
ビジョンが不明確では…
このような有事には「誰のために、何のために、どのように仕事をしたらいいのか?!」
分からなくなるときが、必ずきます。
折角、資金面や雇用面がクリアになったとしても経営の危機に陥ってしまいかねません。
そうならないためにも、自社のビジョンが本当に実現したい世界なのか。。。
経営者自身が想いと向き合い、見直す時だと考えます!!

【ビジョンアート®コンサルティングでは…】
アートを用いてビジョンの明確化・言語化を核に、
多角的に「実現可能」な未来を形にしていきます♪♪

176

今、直ちにやるべきことをおこなってください。(想いの明確化)
ビジョンアート®コンサルタントがお手伝いさせていただきます。

「どのように行っているのか??」がわからない!
そんな疑問に答えるべく、実例を交えて解説している本を出版しております。

157

http://amzn.to/2w9qhCq
上記のクリックをお願いします。
ご興味のある方は、是非ご購読ください♪

◎読んでいただくことで…
ビジョンが、いかに「生きていく上」でかけがえのないものであるのか…
ご理解いただけると思います♪