ブログ

経営者個人の「ビジョン」を明らかにする♪

経営者であっても、プライベートな部分があるわけで…
しかし、仕事と自分自身が分かれているわけでもなく…
同じ一個人ですよね。

経営者という枠に囚われず、自由にイメージした想いをアートという目に見える形で表現することによって、クライアントさん(Y様)のまるごとの想いを知っていただこうと思います。

今回は、ある企業経営者のアートコンサルティングをさせていただきました。
経営に関わって30年、今後のご自身の立ち位置・あるべき姿・これからの夢。。。

がむしゃらにやってこられて。。。
ふと自分自身がわからなくなる!!
こういう方、結構多いのではないでしょうか?!

企業経営はある意味、左脳勝負で理論的にきちんとやってこられたと思います。
極論すると「~ねばならない」にしばられてこられた様に思います。

自分はいったいどうしたいのか???
本当の自分の気持ちと向き合うことを無意識にさけてこられたのかも知れません。

「絵は、苦手でね。。。」
「大丈夫です。上手な絵を描くこととは関係ありません…」

感情を表現するウォーミングアップ。
その後、自由なイメージを5分間してもらい、その中から一番心に残った想いを描いてもらう<イニシャルドローイング>。

描いた絵について話していただきました。
アートと、Y様と私!
三人で話しているみたいに、アートはいろいろなことを教えてくれます。
多くの情報が絵からは読み取れますが、クライアントさん自身のキーポイントになるこ
とをお伝えしています。

20130726_192847

そこで…Y様
「お~そうか!」
「そこか。。。」「なるほど!」
「アート恐るべしやなぁ~♪」
これからの、人生を送るにあたって、大きな気づきや自分自身の想いを理解・整理されたようでした。
新たな自分の想いに向かって即行動されるとおっしゃっていました♪
本当に、嬉しい結果となりました。

アートは、ほんの些細な想いから、大きく行動を変えることができる自分自身の指針だと思います。
それは、自分の中から湧き出てきた「想い」をアートとして表現したものだからです。
そこには、普段自身の考えを支配している、価値観や常識等々が及ばない「イメージすること」や「アートで表現」することによって導き出された想いだからです。

皆様も、理解している様でしていない。
分かっていないようで、理解していることもある。
そんな、自分自身の想いを客観的に知ることを始めてみましょう♪
自身を知らないと、自分を活かすことができないですよ。

ありがとうございました。