ブログ

真に素直な感情が世界を救う~♪

照れないこと。

冷めて態度をとらないこと。

自分自身の想いに蓋をしないこと。

もっと自分の感情に素直になりませんか?!

感情(喜怒哀楽)+不安を表現すればするほど…

受け取る力も強くなります。

ありったけのこころを動かして…

人生を楽しみましょう~♪

日々、そうして生きていれば…

なりたい自分・ありたい姿「ビジョン」が明確になってくる筈だと思います。

image20

日本が新しい扉を開いた日に、何を思うのでしょう!!

 

ありがとうございました。

 

利益追求型から理念追求型へのシフトは必須!♪

前回は。。。
設備関係の経営者様の現在の状態(心の状態)を知っていただき、自分自身と向き合っていただきました。
今回は、自身の想いを知った上で、経営に欠かせない経営理念を明確にしていくアートコンサルティングをしました。
その、ご紹介をしたいと思います♪
36
経営者ならば、経営するにあたって、何かしらの理念を持って経営されていると思います。
しかし、その理念は本物ですか?
自分自身の心の声でしょうか?
先代の理念を、そのまま引き継いでいたりしませんか?
理念が利益を上げる手段になっていませんか?
会社の根幹となる想いをおざなりにして数字だけを追っていませんか?
その様では、企業文化を構築することはできません!!

理念がある(経営指針書がある)ことで納得するのではなく…
今一度、その理念が本物(自分自身の想い)であるのかどうか点検してみて下さい。
今回も、そのお手伝いをさせていただきました♪

現在掲げている理念と、今回のアートで表現された理念は同じでしょうか?
それとも違うのでしょうか?
下記の絵が経営理念のアートです。
詳しいお話は、クライアント様の意向でお話しできませんが、できる範囲で。。。
40
理念が大きく違った訳ではありません。
しかし、今の理念以上に新たな想いが見つかりました。
クライアント様曰く、思いがけないものが表現されていたらしいのです。
そのことが、これからの会社の方針(方向性)を左右するものだった様です。

今までの理念の一部は…
裏方に徹するプロ集団であり…
お客様の製品を最大限に活かすため、決して諦めない仕事を目指します。
裏方的な役割の会社であり、そこに徹底していたらしいのです。

しかし、アートで表現されていたものは、それだけではありませんでした。
アートの表現的には、「手」で現わされています。
今までの理念だけではなく、もっと深い想いが根底にあったことをアートから気づかされ、理解されました。
アートから、凄いことが分かったと言うよりも、経営者自身も分かっていたところがあるのでしょう!
そのことを、しっかり意識していなかった・重要視していなかったのだと思います。
それが、一番大切な理念(経営者の想い)だったりするのです♪

アートをツールとして、自分自身の想いを明確に確認することは、特別なことではありません。
アートをきっかけにして、意識していなかった・潜在意識の中に眠っていたことを意識に上らせてくれることによって、本来の想いに気づき理解するのだと思います。

特に理念は、ビジョンと違い経営していく上でコロコロ変わるものではない筈です。
ある意味普遍的なものではありませんか?!
だからこそ、経営者自身の心の奥底から湧いてくる本物の想いでないと経営理念とはいえません。
本物の想いを掲げて経営するからこそ「理念経営」なのです♪
そのことをよくよく、ご理解いただけたらと思います。
ビジョンアートコンサルティングを受けられた方は、ご存じだと思いますが。。。

次回は、ビジョンのアートをさせていただきます。
どういうビジョンが飛び出すのか楽しみです。

2020年に向けて…
利益追求型の企業から、理念追求型の企業にシフトしていかないと、社会に認められる企業として生き残れない時代になると思います。
その為にも、アートをツールとしたビジョンアートコンサルティングで「理念・ビジョン」の見直しを、是非して下さい。
お待ちしております♪

ありがとうございました。

12