ブログ

「ビジョン」が明確に。。。♪

【ビジョンアートコンサルティングの現場より。。。♪♪】

<ビジョンの明確化>

いつもいつも、お話しておりますが、
★「ビジョンとは…」
理念追求した先の「なりたい・ありたい姿」であり達成のイメージ!!
理念を追求した先に見えた世界・見たい世界!

会社は…
商品は…
社会は…
経営者は…
社員は…
家族は…
お客様は…
「どうなっているのか?!」「どうなっていたいのか?!」を、明確にしていくことです。できるだけ細分化し、それをビジュアル化することで、夢物語で終わることなく、実現可能なビジョンになります♪

%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%83%ac%e3%82%b8%e3%83%a1

今回、ご紹介するのは…
前回ビジョンの未表現な部分があったので、その部分をアートで表現してもらい、
最終的に全ての想いが盛り込まれた「本物のビジョン」を成文化していきます。

57<前回、未表現なビジョンアート>
数枚描いて頂いてもらった中の一枚です。
経営者様のご好意で掲載させていただいている為、アートの内容についてはお話しできません。ご了承ください。

描いてもらった数枚のアートから、ビジョンの要素として必要な世界観を読み取ることができました。
多くの経営者様の特徴なのかも知れませんが、どうも自身が分かりやすい想いの一部分だけでビジョンを構築してしまう傾向があります。
「それでも良いのではないか?!」というご意見を頂いたりします。

☆私が行う「ビジョンアートコンサルティング」では…
それはありえません!!
人の想い(こころ)と言うのは、分かりやすい部分だけではありません。
自分自身でも、「なんで…??」と思ってしまう様な分かりにくく、上手く表現できていない想いこそが、案外心の核心であったりするのです。

なぜ、分かりにくい想いになるかと言うと…
固定観念や他者からの評価・コンプレックスなどの囚われ等々で、想いが歪められてしまい、うまく表現できなくなってしまうことが往々にしてあるからです。

☆アートを使っての表現は…
歪められていない想いをそのままストレートに表現できるツールになっています。
その表現を引き上げ読み取ることで、経営者自身が思う世界観(ビジョン)の全てを明確化できるのです。

さて、今回はどうだったのでしょうか?!
丁寧に細分化する手法をとることにより、限りなく経営者様が思う世界観を表現して頂いたと思います♪
感想として、驚きと納得の想いが湧いてきたと同時に不安が押し寄せてきました。』

★経営者様が陥りやすいこととして…
経営者様が普段思っていることを超えた世界観が現れたとしても、それを「できないこと」「大それたことだ」と打ち消すのではなく…
人生理念・経営理念を追求することを日々考え行動をすることで、必ず叶う世界なのだと言うことを!
誰でもない!「経営者様自身」が描いた想いであることを、信じて欲しいと思います。

後は、ビジョンアートコンサルタントの私の出番です。
アートに描かれた想いを読み取り、想いにしっかり沿う言葉に成文化させてもらいます。
 丁寧に経営者様自身の想いと向き合ってきた証として。。。
「人生理念。。。」
「経営理念。。。」
「ビジョン。。。」が明確化・成文化できました。
クライアントの経営者様お疲れでした♪♪

しかし、これで終了ではありません。
「ビジョン」を絵に描いた餅にしない様に、やらなければならない重要なことがあります。それは、次回にお話しさせて頂きます。
楽しみにお待ちください。

★理念やビジョンを明確化することは…
等身大の自分自身と向き合い、見つめ直す作業です。
Birth of Heartの理念である
「自分自身の想い(現状)を知り。。。」
「自分自身の想い(人生・経営理念)を見つけ。。。」
「自分自身の想い(ビジョン)活かす。。。」ことを、お手伝いさせてもらいます♪♪

お待たせしています。
次は、あなたの人生の明確化をさせていただきます♪
ありがとうございました。

 

経営者とは。。。♪

自分の子供に。。。
自身の仕事を誇れるかどうか?!
胸をはって、話せるかどうか?!
後を継いで欲しいと思うかどうか?!

そう思える。。。
仕事を…
経営を…
目指したいものです。

 

経営は経営理念があればいいっていうものではない。
経営者に人生理念があってこそ!!
そうでないと、経営理念は生み出されないと思います。

経営者の生き方の中に…
どういう会社を目指すのか?!がなければならないと思うのです。

まず、自身の想いの明確化をおすすめします。

 

幸せとは。。。
数字だけ追っても、幸せにはならない。
達成したところで、また数字を追うだけ!!!

プロセスが幸せを創るから…♪
結果、数字としてはねかえってくるものだと思います。

 

ありがとうございました。

12