ブログ

人生を創るとき。。。♪

【分岐点】

進路や就職、結婚など誰もが人生の中で、いくつもの分岐点を経験する。

岐路に立っていると感じるとき、
何を選ぶべきか迷いながらも、自分の未来は自分の意志や思考で決めていると
考えている。
そして後になって「あの時、別の道を選んでいれば。。。」と
後悔することもしばしばある話!

しかし、割と物事が上手く進んで行くときは、自分のことなのにまるで他人事のように、とんとん拍子にことが進みますよね!

自分の意志で選んだようであっても…
それは、自分がそう信じているだけであって、
自然にあるべきところに辿り着いているだけなのかも知れません。

本当のことはわからない!!
でも、私は自分の意志で決めていると思いたい。

「想い」こそが人生を創ると思っているから…♪♪

 

 

 

【囚われ…】

「~ねばならない」という囚われで、生きることは…
本当の幸せには到達できない!

好きなことを好きといえる。
好きなことをやれる。
結果…
やりきれば必ず認められる。

本当に重要なことは…
自分自身を知ること
ホンモノの好きなことを見つけること
そして…
活かすこと。。。

ホンモノの幸せは、とてもシンプル~♪♪

 

ありがとうございました。

ビジョンの活かし方。。。♪

【ビジョンアートⓇコンサルコンサルティングの現場より~♪】
ビジョンアートⓇコンサルコンサルティングにおいて、人生理念・経営理念・ビジョンを明確化してこられた経営者様…
「最終的にビジョンは実現されたでしょうか?」

123

せっかく、時間をかけて「ビジョン」を明確にしても…
活かすことができなければ何もなりません!
実現可能なビジョンにしていくために、重要なことは何なのか?!
お伝えしていきたいと思います。

<実現可能なビジョンにする5つの手順~♪>
第一は、ビジョンを実現するという強い想いを持つということです。
ビジョンを言語化(明文化)しただけでは、スタートラインに立っただけです。
ブレることなくビジョンからの逆算をしっかりして、今できることするという覚悟が必要なのです。

第二は、全社員との共有です。
経営者様の想いだけでは、ビジョンは実現しません。
共に実現に向かってベクトルを合わせることが必要です。
そのためには、社員一人ひとりの想いを知る努力を惜しまないことです。
自社のビジョンと社員の人生理念・ビジョンができる限り一致していることが何よりも大切です。それは、働くことで幸せになっているイメージ(自己実現)ができていることに繋がります。

第三は、ビジョンに向かって進んでいけるしっかりとした行動内容・行動計画
を立てることです。
未来図が描かれているのだから、ビジョン到達に繋がる全ての行動内容を言語化します。そして行動の計画「いつまでにするのか!方法は?!ターゲットは?!どの範囲でするのか?!等々」社員自身の個別目標もあって良いと考えます。
詳細に…
鮮明に…
言語化することで…
全社員が把握し共有した行動になるため、実現可能なビジョンになります。
検証する際も、なくてはならないものになります。

第四は、組織図を描くということです。
ビジョンに対して、「自社はどのような組織になっているのか?!」ということです。社員の役割が明確化できていないことは、ビジョン実現にとって欠陥だと言わざるを得ません。社員が増えているイメージであるならば、その人達も描くことが重要です。(今後の採用においても重要です)
組織がイメージできているということは、全社員のするべき行動が明確になっていることだと考えられます。そのことで社員自身も主体性(役割・希望・誇り)を持ちビジョンに向かって行動することに繋がります。
そんな組織図が必要なのです。

第五は、ビジョンは「生きもの」だと言うことを忘れてはいけません。
ビジョンは企業の未来図!ずっと変わらないものではありません。
社会の動向や企業の形態の変化により、経営者様の世界観は変化します。
最低でも、一年に一回は見直すことで、新たなビジョンが更新されることになるのです。

「ビジョン」を本当に実現したいと思うのであれば…
5つのことをしっかりと捉え、明確化・言語化することで、やるべきことを共有し邁進してほしいと考えます。
それが、自己実現経営です!!
ビジョンに到達することによって、経営者様は勿論のこと全社員の自己実現にも繋がっていくことになるのです。

その前に、「ビジョンアートⓇコンサルコンサルティング」で自身の想いを明確化することが何よりも大切であることをお忘れなく。。。♪♪

ありがとうございました。