ブログ

コミュニケーション~♪

【言い方と伝わり方】

コミュニケーションが苦手と感じる方は多いと思います。

経営者の方は、社員と…

社員の方は、上司や部下と…

主婦の方は、旦那様や子供と…

子供は、友達と…

人に想いを理解してもらう為に、言い方を考えます。

どんなにベストな言い方であろうと、

100%想いが伝わるかどうかは分かりません。

論理的・文法的に正確な言い方をしても伝わらないことも沢山あるでしょう。

それは、伝える相手が機械ではなく、感情を持っている人間だから。。。

どうすれば、伝わるのか?!

相手がどんな価値観や人生観を持っているのか、想いを巡らします。

しかし、それを知るには、なかなか時間がかかりそうです。

分からない、理解してもらえないことを嫌だと捉えず楽しめたらどうだろう~♪

伝わることに重きを置くのではなく、

伝えることを楽しめたら自然と伝わっていくことも…

沢山あるのではないかしら~♪

皆様、楽しめて伝えていますか?!

自問自答!!

ビジョン最終章。。。♪

【ビジョン最終章】

前回に続き、三代目の経営者様の
「ビジョン」の明確化についてご紹介したいと思います。

ビジョンとは、理念追求の先にある世界観・夢の形です♪♪
その想いをイメージし、アートとして表現するツールを用いて想いを明確にしていきます。
113
ビジョンは、現在進行形ではない未来のことなので、なかなかリアルにイメージできないのが現実だと思います。
従って、想いを細分化し複数枚描いてもらうことになります。
多くの想いが交差し、整合性が取れない想いが表現されたりもします。
そのことで、経営者様自身が自分の想いを理解できない状態に陥ってしまいがちです。

しかし、アートは、表現された想いを保存することができるのです。
その為いつでも想いを引き出し。。。
「どこが違うのか?」検証することができ…
「なぜ、違いがあるのか?」原因を考えることができます。
そして「ホンモノの想いは何なのか?」と言う結果を見つけることができるのです。

経営者様は、どういう結果を見つけることができたのでしょうか?!
132 <最終に描いたアート>
守秘義務がありますので、ご了承ください。
お伝えできる範囲でお話したいと思います。

経営者様自身の想いに整合性が取れずに悩んでおられましたが…
本当にありたい想い・あるべき想いを選択し、想いを融合し統合していくと
最終的に、「笑顔溢れるアート」になりました。
それまでは、規模・ブランド力・社員数・売上等々、「こうであらねばならない」企業像に想いがフォーカスしていました。それも大いに必要な想いであり、間違いではありません。

「仏つくって、魂入れず」と言うのでしょうか?!
本当に大切なものが抜け落ちていました。
このアートで言うと、「関わる人達全てが幸せだと実感できる想いです。」
当たり前のことが、当たり前に思われていないことが多いのです。
思っているけれど、ホンモノではない。順番が間違っている場合もあります。

ホンモノの幸せが何であるのかが、明確になることが重要なのです。
その幸せが、企業のビジョンに明確化されないことはありえません。
三代目の経営者様は、想いをイメージしたアートから本来の想いを知ることができ、ホンモノの想いを見つけ、ビジョンを創造することができた様です。

「経営理念もビジョンも明確化・成文化できたので、経営指針書に繋げていきます」「ありがとうございました」と感謝していただきました。

【ビジョンアートコンサルティングでは…】
経営者様の人生理念・経営理念・ビジョンの
「本当の想い・ホンモノの想い・本来の想い」を明確にします。
そのツールとして、外的刺激からイメージした想いをアートとして表現することで、顕在意識は勿論、潜在意識の領域の想いまで可視化することが可能になります。その表現されたアートを、わたしが分析し、読み解くことで想いを、明確化・成文化させていただきます。
今年こそ…
想いの経営「自己実現経営」を目指そうと考えておられる経営者様は
是非、ビジョンアートコンサルティングから2018年を始めましょう♪♪

ありがとうございました。