ブログ

「経営者」ですか?!「運営者」ですか?!……♪

ある経営者さんに「経営」というテーマで、イメージしアートしていただいたものをご紹介します。
このアートを客観的に見ることによって、多くの経営者の方々が陥りやすい問題が見えてきます。
アートが解決の糸口になれば、嬉しく思います。

image1 (57)
理念(社長の想い)が真ん中の緑の〇です。
社員の想いが、取り囲む七色の線で表現されています。
社員の想いで形作られた☐は、決して理念の〇から外れません。

それは、何故なのでしょうか?

会社のビジョンは画用紙の外に表現されているそうです。
ということは、社員の想いはビジョンに吸い込まれて行っていますよね!
想いが一つの束になり強固になっているのがわかると思います。
(強い組織作りは、利益を生む源になります)

「ビジョン」とは、理念追求し続けた先にある「ありたい姿・夢の形」だと思います。
ビジョンに向かうことで、決して理念から外れることはありません。

理念は、経営者の想いの中から湧いてくるもので、作るものではないと思いますが、ビジョンはある意味作り出すものなのかも知れません。
まだ、起こっていない未来のことですから、イメージすることに尽きるのです。
決して数字目標でもなく、実現していないことだからと言って漠然な想いでは駄目です。詳細に想い描けることが、最も大切になるのです♪
クリアに想像できる世界でないと、そこに向かっていけませんからね。

ビジョンのことをイメージするとき、言葉では限界があります。
言葉にならない想いをも表現できるアートは、優れたツールになります。
一枚のアートには、1000以上の個人情報(想い)が描かれていると言うことも優れたツールになる要因だと思います。

ビジョンを明確に描き切れる人こそ、本物の経営者だと思うのです♪
皆様は、経営者ですよね?!
運営者ではないはずです。
経営と運営は違います。

経営を考える経営者ならば。。。
理念(目的)を掲げ…
ビジョンを描き…
その実現の為のビジネスモデルを作り…
理念・ビジョンを共有できる組織を育て…
社員と共に進む重要性を、今まで以上に知っていただけたらと思うのです♪

ありがとうございました。

「歳々年々 人不同」=さいさいねんねん ひとおなじからず♪

人の体は約60兆個ほどの細胞で、できているらしく、
この60兆個の細胞は、五、六年で新しく生まれ変わってしまうと言われています。
つまり、私と呼んでいる個体は、五年前の私とは全く違う私!
幼い時の自分と今の自分の姿は、似ても似つかないわけです♪

「歳々年々 人不同」
さいさいねんねん ひとおなじからず

何か欠点を指摘されても、どうしてもそれを認められないことがありませんか?!
今を変えることが難しいというより、「今までの自分」を否定することができないからなのか。。。
「今の自分」をなかなか変えることができなかったりします。
人は「過去の自分」と、とても強く心理的に結びついていると思うのです。

いつまで経っても、歴史認識の相違による暴力や対立が、世界からなくならないのは、そのせいではないかと思います。
しかし、その歴史の中の人々を形成していた細胞は、現在一個たりとも存在しないのに…

時々刻々と、人は変化して行きます♪♪

自爆テロや襲撃、理不尽なことが多すぎる昨今故。。。
過去に囚われない明るい未来に向けて、人々が変化していきます様に…

ありがとうございました。