ブログ

「自身の想いの先」はどこにあるのか♪

今回は「漫画」のことを取り上げてみたいと思います。
最近は、あまり読む時間がないのですが、基本漫画は幼い頃から好きでした。
「漫画」からいろんなことを、考えさせられることもしばしばあります。

image1 (69)

「Drコトー診療所」を読まれたことがあるでしょうか?
簡単にお話しますと、無医村の医者としての人間関係が細部に亘って描かれています。
何度、読み返しても想うことが沢山あります。

主人公のコトー先生は、病気と向き合い病人を治すのではなく、病人と向き合い病気を治すのです。同じ様でいて、全く違っていることがお分かりだと思います。
人が人と向き合うことが一番大切だと…
伝えたいのではないでしょうか♪

人と向き合い、その人を生かす為に、その人が笑顔になる為に医者をしています。
医者が好きというより、人が好きなのですね。
往々にして見失い、間違いかねないところではないかと思うのです。

自分自身の本当の想いはどこにあるのか!
医者はツールだと言うことを…
でも、天職だと言うことも…
コトー先生は、ちゃんと知っているのです。
だからこそ、読者は心動かされ、感動を覚えるのだと思います。

私も、アートというツールで、「人を活かし、生かす」ことを日々させていただいています。本当に幸せなことです♪

皆様も「自分自身の想いの先」がどこにあるのか?!
見つめ直してみませんか。。。
イメージしたことをアートで表現するツールで、自身の「想い」を明確にしてみてください。
ビジョンアートコンサルタントの私が、明確化するお手伝いをさせていただきます。
皆様、お待ちしております。

ありがとうございました。

ビジョンアートは「自身の生き方」を示してくれます♪

「アートカウンセリング」の紹介をさせてもらいます。
クライアントさんに、二枚のアートを描いてもらいました。
「樹木画」で自分自身の現在の心の状態を知ります。
そして…
「幼い頃の想い」を心理学的手法で呼び覚ましてもらいます。
そのことによって、その人の持つ何が一番大切で、何が本当の想いなのかを、アートとして目に見える形にし、自己理解してもらいます。

image1 (90)

「木」は自分自身を表現することになります。
それにアートには、1000以上の個人情報が入っていると言われています。
唯の、木なのですが多くの「想い」の結集なのです。

個人情報なので、詳しくはお伝えできませんが、「自己表現」の部分に課題があるようです。本当の自分自身の想いを伝えるということは、決して我が強い私ということではありません。
自分を表現するだけで、相手の想いを聴き入れないことが、我が強い私・対相手からは強情だということになるのではないでしょうか。

自分自身の想いを素直に言うことは、ある意味怖いことなのかも知れませんが、自分を信じて表現してみてください。
必ず想いは、自分自身にも相手にも届くと思います♪

そして、幼い頃の想いのアートには、「褒めて欲しい」「認めて欲しい」想いが表現されました。
本当の自分自身を表現しないで、認めてもらっても(承認)、本当に認めてもらったことにはなりません!

認めてもらうということは、。。。
本来の素直な自分を表現して、認めてもらうことが本当に認めてもらったことになると思いますし、それが自己承認・自信に繋がっていくのだと思います。

認めてもらいたいのであれば。。。
まず自分自身の本当の想いを知ってください。
そして、素直に表現しましょう。
対相手の想いを聴くことも忘れずに…
そうすることで、認め合える関係性になっていくのではないでしょうか♪

いつも、誰かに決めてもらわなくても…
対相手に従わなくても…
何事においても自身で選択し決めることができると思いますよ!

『自分自身の人生』!!
どうしていきたいのか・どうありたいのかを決定し行動していきましょう♪

〇〇様には、凄く納得していただけた様で、「自分自身の想いを素直に表現します」と力強くおっしゃっていただきました。

本当に嬉しいことです。
イメージしたことをアートで表現することの大切さを改めて痛感しました。
ありがとうございました。

皆様も是非、「アートカウンセリング」を受けてみてくださいませ。
自分自身の想いと向き合うことは、新たな自分発見をするチャンスになります♪